2021年2月9日、北海道のサイト学事課のページで、北海道の私立高校の志願状況が発表されました。

2021年度 北海道・札幌 高校入試の関連記事

北海道全体の状況

Goumbik / Pixabay

2021年の北海道の私立高校の募集定員は、すべての学科を合わせると10,927人。それに対して志願者数は33,577人となり、倍率は3.07倍となりました。昨年度の3.16倍と比べると0.09ポイント低くなります。

私立高校の倍率の見方

私立高校の倍率は、公立高校の倍率と同じ感覚で見ると非常に高倍率。そのため驚いてしまうかもしれませんが、それほど心配することはありません。

公立高校は、募集人員ぴったりの合格者しか出せないので、倍率が実際の競争率の参考になりますが、私立の場合は募集人員の何倍もの合格者を出すことができるので、実質倍率はここで発表される倍率とはかなり異なります。

私立の一般入試の場合、公立との併願でそちらに流れていく合格者が多数出るので、それを見越してかなり多くの合格者を出すわけです。また私立は同じ普通科でも学力などによりいくつかのコースに分かれていることが多く、上位コースの合格基準を満たしていなくても他のコースで合格になることもあります。

合格者数を非公表としている学校も多いのではっきりとはわかりませんが、上位コースや奨学生にチャレンジする場合は狭き門になっても、全体の実質倍率はそれほどにならないことが多いはずです。

出願の時点で中学の先生や高校の相談会で十分相談できていれば、倍率が高くてもそれほど心配しなくてもいいのではないでしょうか。

5倍以上の私立高校は

上記をふまえて、5倍以上の高倍率の高校を見てみます。比較のため昨年(R2年)の倍率も記載します。今年度(R3年)の倍率は赤色の数値をご覧ください。

学校名 学科名(募集定員) 志願者数 R3倍率 R2倍率
北海 普通(385) 1,921 5.0 5.2
札幌光星 普通(360) 1,965 5.5 6.2
札幌第一 普通(400) 2,409 6.0 5.5
北海道文教大学明清 普通(120) 610 5.1 2.2
札幌創成 普通(305) 1,643 5.4 6.3
札幌日本大学 普通(314) 1,691 5.4 5.2
武修館 普通(140) 993 7.1 7.0

4倍台の私立高校は

次に4倍台の高倍率の高校を見てみます。

学校名 学科名(募集定員) 志願者数 R3倍率 R2倍率
札幌北斗 普通(340) 1,565 4.6 4.0
旭川実業 普通(150) 660 4.4 4.7
北見藤 普通(140) 621 4.4 4.5
帯広大谷 普通(260) 1,270 4.9 5.3

前年と比較して大きく倍率の変動があったのは

次に今年の人気の傾向を把握するヒントとして、平成31年と比較して、倍率0.5ポイント以上の変動があった学校を見ていきます。

倍率0.5ポイント以上の上昇

まずは0.5ポイント以上倍率が上がった学校です。R3(2021年)は赤色の数値

学校名 学科名(募集定員) R3倍率 R2倍率 増加pt
札幌北斗 普通(340) 4.6 4.0 +0.6
札幌第一 普通(400) 6.0 5.5 +0.5
北海道文教大学明清 普通(120) 5.1 2.2 +2.9
旭川藤星 普通(140) 3.1 2.4 +0.7

■今年の傾向■
北海道文教大学明清が前年比2倍以上の大幅増加。こちらの高校は、2021年4月から恵庭キャンパス新校舎へ移転します。また2021年度入学生を対象にした独自の経済支援制度が充実しており、恵庭市以外のJR通学生に対してJR通学定期代全額を通学費支援として給付するそうです。また大学の地元志向は顕著ですので、札幌近郊の大学の付属高校というところも魅力なのかもしれません。

倍率0.5ポイント以上の減少

次に0.5ポイント以上倍率が減少した学校です。R3(2021年)は赤色の数値

学校名 学科名(募集定員) R3倍率 R2倍率 減少pt
北星学園大学付属 普通(255) 3.3 4.2 -0.9
札幌大谷 普通(250) 2.2 2.8 -0.6
音楽(30) 0.6 1.2 -0.6
札幌光星 普通(360) 5.5 6.2 -0.7
札幌創成 普通(305) 5.4 6.3 -0.9
とわの森三愛※ 普通(260) 3.0 3.7 -0.7
農業(40) 1.4 2.1 -0.7
函館大妻 家庭・食物健康(40) 0.9 1.4 -0.5
福祉(40) 0.6 1.2 -0.6
海星学院 普通(105) 3.3 4.1 -0.8
旭川実業 商業(70) 1.6 2.1 -0.5
工業・機械システム(35) 2.7 3.3 -0.6

※とわの森三愛は、正式名称が「酪農学園大学附属とわの森三愛」農業学科は「アグリクリエイト」です。

■今年の傾向■
倍率が大きく上がった高校よりも、減少した高校の数の方が多い印象です。北星学園大学付属と札幌創成が-0.9ポイント、海星学院は-0.8ポイント、札幌光星ととわの森三愛が-0.7ポイントの減少となりました。

参照:北海道総務部法務・法人局学事課:令和3年度 私立高等学校入試志願状況について

北海道私立高校の入試日程と合格発表は

私立高校の一般入試の合格発表の日程は、各高校によって異なるので、それぞれ受検した学校の受検要項などを確認してください。2月の後半になるところが多いですが、3月になるところもあります。

2021年度北海道私立高校の入試日程について

入試当日と前日の準備など

合格発表の方法も学校によって異なるようなので、受検した高校の募集要項を確認してください。合格発表当日に簡易書留などで合格通知が家に届き、結果を知ることが多いのではと思います。

入学手続きの締切日や方法もよく確認しておきましょう。ほとんどの学校の手続きは、一般入試の場合公立高校の合格発表と追加合格の連絡の日を待ってくれるはずです。

北海道の公立高校合格発表に関する疑問あれこれ

ただ公立の合格発表後の時期は途端に忙しくなるので、予め手続きについては確認しておくと安心です。

北海道公立高校の合格発表後入学までにやることはどんなことがあるの?