さっぽろ雪まつりが伝統的に取り組み毎年素晴らしい完成度を誇るものの中に、建築物をモチーフとした大雪像があります。今年の建築モチーフの雪像は、フィンランドのヘルシンキ大聖堂です。

2019年の雪まつりの記事はこちらからどうぞ!

【特集記事】第70回さっぽろ雪まつり2019 もくじ

7丁目大雪像はヘルシンキ大聖堂

【大雪像】ヘルシンキ大聖堂

7丁目HBCフィンランド広場では、本物さながらのヘルシンキ大聖堂が出現。開会式もこちらで行われました。

大通7丁目HBC会場は毎年、世界各国との友好・交流を深める広場です。今回は、今年日本との外交関係樹立100周年を迎えた北欧の美しい国、フィンランド共和国がテーマです。
HBC会場においてフィンランドがテーマ国となるのは初めてです。大雪像は、バルト海東部のヘルシンキ湾に面したフィンランドの首都、ヘルシンキのほぼ中央にある「ヘルシンキ大聖堂(Helsingin tuomiokirkko)」です。

公式サイトより引用

雪像の制作は、陸上自衛隊北部方面通信群です。自衛隊の皆さんは、毎年素晴らしい技術を見せてくれます。

日没後のライトアップでは色とりどりのライトで幻想的な雰囲気に。

ライトアップにより陰影がくっきり出て、聖地な作りが引き立ちます。

刀剣乱舞-ONLINE-

刀剣乱舞 雪まつり

7丁目には刀剣乱舞-ONLINE-の中雪像も出現。

刀剣乱舞雪像

鶴丸国永の雪像です。雪像制作は六書堂。

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow

ゼロから始める異世界生活雪像

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snowの中雪像もお目見えしました。

ゼロから始める異世界生活雪像

雪像制作は六書堂。アニメなどとコラボした雪像が近年増えてきましたね。自撮りを楽しむ人も多くいました。他に太田胃散公式PR大使の「太田胃にゃん」の小雪像や飲食ブースもありますよ。

参照:公式ガイドブック