スポンサーリンク


【北海道神宮初詣2017】北海道の誇るパワースポット参拝のポイント

パワースポット北海道神宮

jbom411 / Pixabay

北海道の誇るパワースポット、北海道神宮。開拓三神という大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱の神々と明治天皇を御祭神として祀られており、心の拠り所として道民から慕われている神社です。参拝者数も北海道一を誇り、今年も多くの人が初詣に訪れることでしょう。

一年を通して参拝する人が絶えない北海道神宮ですが、お正月期間の賑わいは特別です。境内には出店もでて、お年玉を握りしめて訪れる子ども達も多いのではないでしょうか。

とにかく人出が多いので、元旦は交通規制や順路規制が敷かれます。事前にそのことを念頭に置いて、参拝に向われることをお勧めします。
参照:北海道神宮公式サイト

お正月の神門の開閉時間について

神門の開閉時間は、正月期間はいつもと変わります。期間毎の時間は次のようになっています。

年内

●11/1~12/31:開門7:00 閉門16:00

正月期間

●元旦:開門0:00 閉門19:00
●1/2~1/3:開門6:00 閉門18:00
●1/4~1/7:開門6:00 閉門16:00
●1/8~1/31:開門7:00 閉門16:00

初詣の順路規制について

期間

平成28年12月31日〜平成29年1月1日

順路は?

上記の期間、順路は基本的に第二鳥居から入って反時計回りとなります。神宮から公園口鳥居・第三鳥居方面へ向かうことはできますが(つまり帰りは通れます)、反対方面へは通行できません。徒歩で参拝に向かわれる方は、まず第二鳥居を目指しましょう。

参照:北海道神宮:参拝者順路

交通規制について

大晦日の深夜から元旦にかけて、車両交通規制があります。

時間帯は

平成28年12月31日23:00頃〜平成29年1月1日18:00頃まで

場所は

一部周辺の道路は車両通行止めや一方通行、駐停車禁止などの交通規制が敷かれます。

円山動物園と神宮の間の南一条通りは、動物園から環状通までの間、円山公園駅方面のみの一方通行になるのでご注意ください。詳しくは北海道神宮公式サイトをご覧ください。

参照:北海道神宮:北海道神宮初詣交通規制

参拝のポイント

昨年の初詣の様子

参考までに昨年(2016年)の元旦の様子をご紹介します。

▼第二鳥居へ入るまでの歩道にも大勢の人が並んでいます。

▼こちらの第二鳥居から入ります。元旦はここから反時計回りに参拝者順路の規制があります。

▼第二鳥居を抜け、神門へ向かってをゆっくり進みます。

▼古神札収納所では古い神札やお守りなどを納めることができます。その後祓い清められ、1/14の古神札焼収祭(どんと焼き)にて、御神火により焼納していただけます。

▼神門が見えてきました。

▼本殿です。参拝は混雑が予想されます。賽銭箱の前にしばらく並び、順番に参拝します。参拝後左右に抜けます。

▼授与所には、お守りや絵馬などがあります。

▼おみくじを買って結ぶ人もたくさん。

▼公園口鳥居へ向かう参道には屋台も出ています。

昨年の初詣の記事はこちら→
初詣にいってきました!元旦の北海道神宮2016

パワースポット開拓神社

北海道神宮の境内にある境内社、開拓神社もパワースポットと言われています。北海道開拓に貢献した功労者も多く祀られているこの神社は、仕事運・金運アップや成功を願って参拝する経営者も多いのだとか。

場所は、神宮境内、本殿から公園口鳥居へ向かう間にあります。境内社は他に札幌鉱霊社、穂多木神社があり、公園口鳥居近くから、開拓神社・札幌鉱霊社・穂多木神社の順に並んでいます。

鳥居にまつわるお話

第三鳥居はくぐると金運アップと言われています。元旦は順路規制で第三鳥居から入ることはできませんが、特に金運アップを願う方はその他の日にこちらから入ってみてはいかがでしょう?場所は裏参道(南一条通)側になります。

また、第二鳥居はカップルで同時にくぐらない方がいいと言われているようです。気になる方は時間をずらして入るといいかもしれませんね。

詳しくはこちらをお読みください→
北海道神宮の初詣と鳥居のくぐり方

えと鈴が人気

境内にある神宮窯で作られるその年の干支をかたどった「えと鈴」。手作業で時間をかけて丁寧につくられるため、ひとつひとつ異なる音が鳴ると言われています。素朴な土の色と丸みを帯びた優しい形が特徴のこのえと鈴は、お正月、ここでしか手に入れることができない縁起物。

数も約5,000個ほどと限られているので購入を希望する場合は早めの参拝をお勧めします。鈴を鳴らして願いごとをし、大切にしたい一品です。大切な人へのお土産としてもきっと喜ばれるでしょう。

▼こちらは昨年の干支さると、今年の干支酉のえと鈴

箱

六花亭神宮茶屋店

境内にある六花亭神宮茶屋店では、「判官様」という焼き餅が人気です。お土産用として売られているほか、店内のホットプレートで焼いた熱々の餅を食べられるのは神宮だけ。

伸びの良い柔らかな餅はそば粉が入っているので、アレルギーのある方は気をつけてください。中の甘すぎない粒あんも美味しい!

どうか良い年になりますように

いかがでしたか?道民だけでなく、全国的にもパワースポットとして名高い北海道神宮。また、外国人観光客の参拝も多くなってきているようですね。

新しい年の開運を願って訪れる人を、豊かな森と峻厳な空気が迎えてくれることでしょう。神様に失礼がないよう、ルールやマナーを守っての参拝を心がけたいですね。

どうか2017年が、皆さまにとって素晴らしい年となりますように!

こちらの記事もどうぞ→2017年初詣に行ってきました!今年もよろしくお願いします

スポンサーリンク


関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ