突然決定した長い休校。学校へ行きたい…と悲しい思いをしているお子さんも多いでしょう。一体どうやって過ごしたら…と思っている方へ、様々な通信教育や学習アプリがキャンペーンを大盤振る舞い!お子さんや学生の皆さんに役立つような、アプリや通信教育をご紹介します。

freephotocc / Pixabay

ワンダーラボ、アプリを無償提供

ワンダーラボは、2020年2月に花まるラボから社名変更。「シンクシンク」という家庭で思考力を育てることができるアプリをリリースしています。3月1日から、有料コースを含む全コンテンツを全世界の子どもたちに1か月間無償提供。

まなびwith

小学館の通信教育「まなびwith」では、3/2〜31の期間中、下記↓のページで2019年度の一部教材をワークブック、またはダウンロードで無料提供しています。

まなびwith 教材無料提供のお知らせ

幼稚園年少(3~4歳)~小学生(6~12歳)を対象に、基礎学力+学びのコツを楽しく身につける、9年間一貫のオリジナルカリキュラムが特徴。まずは1週間のお試し教材を希望の場合は、こちらからどうぞ。

Qubena(キュビナ)

Qubena(キュビナ)は、小・中学生を対象にそれぞれのスピードで算数、数学を学べるアプリです。要件を満たすタブレット端末が必要ですが、一人ひとりに合わせた問題にAIが誘導してくれるので、数学が得意な人も苦手な人も、学年をまたいで効率よく学ぶことができます。

今回無償で、個人が利用できるのは「Qubena Wiz Lite」
対象は、対応端末を保有しQubenaWizLiteを今までにご利用になられたことのない人で、無償期間は、2020年3月2日〜2020年4月10日の間に利用開始してから40日間。

無償期間終了後は月額1,950円(税込)になりますが、無償期間終了後、有償契約を行わなければ費用は発生しません。

日本ペン習字研究会

日ペンの美子ちゃんでおなじみの「日本ペン習字研究会 日本書道学院」のホームページでは、休校中の児童のために、文字の基本からレッスンできるシートが無料でダウンロードできるようになっています。綺麗な文字を身につけるチャンスかも!

日本ペン習字研究会 日本書道学院:
自宅学習におすすめ「美子ちゃんと練習しよう」公開中!

N予備校

学習アプリ「N予備校」も休校に合わせて無償提供期間が設定されます。

スタディサプリ

学年を超えて、映像授業が見放題のスタディサプリもキャンペーンを行なっています。
新小学4・5・6年生を対象とした小学講座では、通常14日間無料体験のところ、2/28(金)~3/15(日)の期間で申し込むと1か月無料に。

無料期間内に利用停止すれば料金は不要なので、休校の間にお試しして見ては?

中学講座はこんなキャンペーンが。
中学講座のベーシックコースは、通常月額1,980円のところ2/28(金)~3/15(日)に申し込むとで実質月額1,380円に。(月々支払いの場合は実質月額1,780円)

合格特訓コースは通常月額9,800円のところ期間内のお申し込みで実施月額8,800円になります。実力のある講師の映像授業が見放題というところが、スタディサプリの売り。通っていいる中学の教科書や、地域に合わせた講座や受検対策授業もあります。

Z会Asteria

Z会Asteriaは、【Asteria】Z会のオンライン学習。Z会がAI技術を活用し、生徒一人ひとりに完全にオーダーメイド化した学習を提供する、iPadを使ったタプレット教材です。

英語4技能講座、数学新系統講座、総合探究講座があり、単独や英数セットでも申し込めます。

英語4技能講座は、読む、書く教材だけではなく、聴く、話すことがしっかり学べる内容。iPadに内蔵のビデオカメラとマイクを使って会話する、外国人講師とのオンラインスピーキング(1回25分・予約制)が付いているのが特徴です。

毎月のオンラインスピーキングの回数は、月1回・月2回・月4回のプランから選ぶことができ、月1回なら、月額3,950円。将来につながる実用的な英語が学べます。

数学新系統講座は、中学~高校範囲の数学カリキュラムを4つの領域に再設計。大学の教養範囲まで含め、個人の進度に合わせた学習を学年を超えて行うことができます。

Z会Asteria総合探究講座は、オンラインでアクティブラーニングを体験できる講座です。探究学習のアーカイブの一部を4月30日(木)まで無料公開(中高生対象)。

Z会グループ:【Z会】自宅待機の中高生を対象にZ会Asteria総合探究講座の探究学習のアーカイブの一部をYouTubeにて無料公開します。

新学年のスタートダッシュができるかどうかは、家での時間のある時の過ごし方によるのかもしれませんね。