2023年度(令和5年度)の北海道私立高校の入試日程をまとめました。北海道私立高校の一般入試はA日程とB日程に分かれており、それぞれ面接等がない場合は1日、ある場合は2日間の日程で行われます。2日間を設定している高校は、筆記の翌日に面接等の試験を予定しています。同じ日程の高校は受験できませんので、日程の確認は重要です。

北海道私立高校入試AB日程

こちらは2022年3月に私学ナビで発表された北海道私立高校のA・B入試日程です。年度の途中で変更の可能性もありますので、最新の情報は各高校や私学ナビ HOKKAIDOのサイトなどでご確認ください。

2023年度の私立校一般入試

2023(令和5)年度の日程は、以下のようになります。

A日程が2023年2月14日(火)(面接がある場合は翌日も)

B日程が2023年2月17日(金)(面接がある場合は翌日も)

2つの日程になっているのは、併願の受検生がそれぞれの日程で1つずつ受けられるように、つまり私立を2校受検できるようにするためです。しかし札幌以外の地域ではほとんどがA日程に偏っているために、実質受検機会は1回という地域が少なくありません。

なお、これらの日程は一般入試のものであり、私立高校の推薦等で受検する場合は別日程となります。そちらは各高校の募集要項などでお確かめください。

高校入試の流れについてはこちらの記事をどうぞ。

北海道高校入試の流れとは?2023年度スケジュール【保存版】

昨年度2022年の倍率についてはこちらの記事をどうぞ

2022北海道の私立高校の入試志願状況・倍率が発表されました

日程と高校名

北海道の2023年度の私立高校の一般入試の受検日程は以下のようになっています。

2022年度からの変更としては、北海道大谷室蘭高校がA日程2日間から、B日程の試験日2日間に変わりました。

又、札幌聖心女子学院は、2023年度以降募集を停止し、2025年3月末に閉校となります。受検はできませんのでご注意ください。

札幌聖心女子学院2025年3月閉校へ。2023年度以降募集停止

A日程

2月14日(火)

北海学園札幌高等学校
北海道科学大学高等学校
札幌大谷高等学校
札幌静修高等学校
札幌北斗高等学校
札幌光星高等学校
札幌山の手高等学校
札幌新陽高等学校
東海大学付属札幌高等学校
札幌創成高等学校
札幌日本大学高等学校
函館大学付属有斗高等学校
函館大学付属柏稜高等学校
遺愛女子高等学校
函館白百合学園高等学校
函館大谷高等学校
清尚学院高等学校
函館大妻高等学校
函館ラ・サール高等学校
苫小牧中央高等学校
駒澤大学附属苫小牧高等学校
北海道栄高等学校
旭川大学高等学校
旭川実業高等学校
旭川龍谷高等学校
旭川藤星高等学校
旭川明成高等学校
北見藤高等学校
武修館高等学校

2月14日(火)・15日(水)

北照高等学校
小樽明峰高等学校
海星学院高等学校
稚内大谷高等学校
帯広大谷高等学校
白樺学園高等学校
帯広北高等学校

B日程

2月17日(金)

北海高等学校
北星学園大学附属高等学校
立命館慶祥高等学校
札幌第一高等学校
札幌龍谷学園高等学校
酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校

2月17日(金)・18日(土)

北星学園女子高等学校
北海道文教大附属高等学校
小樽双葉高等学校
北海道大谷室蘭高等学校

参照:私学ナビ HOKKAIDO

北海道私立高校の合格発表など

私立高校の一般入試の合格発表の日程は、各高校によって異なるので、それぞれ受検した学校の受検要項などを確認してください。2月の後半になるところが多いですが、3月になるところもあります。なお、藤女子と北嶺は中高一貫のため高校からの一般入試は行われません。

合格発表の方法も学校によって異なるようなので、受検した高校の募集要項を確認してください。合格発表当日に簡易書留などで合格通知が家に届き、結果を知ることが多いのではと思います。

私学ナビの入試・転入学情報のページでは一般入試日程がまとまった一覧表が掲載予定です。(2023年度のものは9月掲載予定)

北海道私立高校の推薦入試の日程は

北海道私立高校の推薦入試の面接などの試験日は1月の中旬から後半に設定されることが多いようです。詳しくは各高等学校でご確認ください。

なお、私学ナビの入試・転入学情報のページでは推薦入試日程などがまとまった一覧表が掲載予定です。(2023年度のものは9月掲載予定となっています。)

北海道私立高校の入試志願状況・倍率について

その年の北海道私立高校の倍率は、毎年2月上旬ごろに公表されます。

※参考までに過去の2022年(令和4年)の北海道私立高校の入試志願状況の記事はこちら。

2022北海道の私立高校の入試志願状況・倍率が発表されました

その他

なお、私立の一般入試の場合、入学手続きは公立高校の合格発表を待ってくれることが多いです。公立が第一志望の場合は、合格発表、不合格の場合も追加合格の連絡日を待って手続きした方がいいでしょう。

※参考までに昨年度の公立合格発表日にやることと追加合格日程などはこちらの記事です。

北海道の公立高校合格発表に関する疑問あれこれ

2020年からは私立高校の授業料実質無償化と言われる就学支援制度の拡充されました。公立優位と言われる北海道の高校入試ですが、私立に魅力を感じてそちらを第一希望にする人も増加しているようです。ここ数年は緊急事態宣言などにより学校祭、説明会なども例年通りにいかない場合がありましたが、今年度こそ通常に戻って開催されることを願います。できるだけ情報を集めて自分に合った高校選びをしたいですね。