北海道の命名から150周年

2018年は「北海道」の命名から150年。それを記念して今年はあちらこちらで北海道150年事業が行われます。

道民・企業・団体が一体となって行われる記念行事やコラボはさまざま。期間限定のものも多く、上手に情報をゲットしたいところですね。身近なところでは道民のソウルフード?「やきそば弁当」やカップ麺やラーメンなどにも期間限定で北海道150年ロゴが入っていたりします。
詳しくは公式サイト

道庁赤れんが庁舎プロジェクションマッピング

その事業の一環として、観光のシンボルでもある道庁赤れんが庁舎で2018年1月19日から2月25日まで行われていたのが、プロジェクションマッピングです。加森観光株式会社主催で行われたこのプロジェクションマッピング、タイトルは「KAMORI Wonder Lights 大地」。

大地に根ざしたアイヌの人々の文化や信仰へのレスペクトに溢れた映像は、温かみがありながらもクールでスタイリッシュ。寒くさえなければ(そう、寒くさえなければ…)何度でも観たくなる素晴らしい完成度です。

期間限定の上映なのが勿体無いくらいなのですが、雪まつりのプロジェクションマッピングと同じで期間限定だからこそ印象深いのでしょうか。暖かい時期にまた観たい!と思わず願ってしまいそうです。

▼動画はこちら

 

▼近くで見た動画はこちら

参照:KAMORI Wonder Lights 大地