北海道の初詣といえば、パワースポットとしても有名な北海道神宮。平成最後の年となる2019年の初詣のポイントをまとめました。

まず、元旦は0時開門、新年祈祷の受付開始となります。なお7時から本殿で歳旦祭が行われます。北海道神宮の境内の地図でもわかるように、境内は広く直接境内に接している鳥居も3つあります。普段はどの鳥居から入ることもできるのですが、12月31日、1月1日は参拝の順路が決められていたり、付近の道路の交通規制が入る時間帯があるので、注意が必要です。

交通規制と参拝者の順路

参拝者の順路

12月31日〜1月1日の初詣は参拝の順路が規制される時間があります。基本的には北1条通を通って第2鳥居から境内に入り、神門を通って本殿を目指す順路となります。

交通規制について

12月31日の23:00ごろから1月1日の18日ごろまでは交通規制が行われますので、近隣を車で通る場合はお気を付けください。

神門の開閉時間

参拝やお守りなどの授与が行われる本殿へは、神門をくぐらなければ入れません。神門の開閉時間とお守り頒布開始時間は日によって異なります。

お正月、初詣の開閉門の時間は

・ 元旦 午前0時開門 午後7時閉門(予定)
・ 2日 午前6時開門 午後6時30分閉門(予定)
・ 3日 午前6時開門 午後6時閉門(予定)
・ 4日~7日 午前6時開門 午後4時閉門(予定)
・ 8日~ 午前7時開門 午後4時閉門

お札、お守り頒布開始時間

・ 2日~3日 午前6時30分
・ 4日~7日 午前7時
・ 8日以降 午前8時30分


平成
えと鈴はお正月限定の縁起物です。

30〜31年北海道神宮年末年始祭典の予定

通年のお参り:神門の開閉時間

初詣期間以外、通年の神門の開閉時間は次のようになります。
・2月1日~2月末日 7:00~16:00
・3月1日~3月31日 7:00~17:00
・4月1日~10月31日 6:00~17:00
・11月1日~12月31日 7:00~16:00

通常期間のお守りなどの授与、御朱印授与の時間は、午前9時より閉門までとなっています。

初詣のマナーや様子、おすすめの縁起物などはこちらの記事にまとめてありますのでごらんください。
北海道神宮へ初詣へ行こう!参拝のマナーとおすすめは