スポンサーリンク


観光に便利な一日乗車券。ドニチカキップなど

ドニチカ

地下鉄専用一日乗車券は、YOSAKOIソーラン祭りの時市内の会場をめぐるのに、ドニチカキップがとっても便利だった話を こちらの記事 で書きましたが、札幌には観光やお散歩に便利な一日乗車券というキップがあります。使い方によってはとってもお得になるこのキップ、一日、または半日位しか観光の時間がとれないけれど市内をたくさん見てまわりたい方にはおすすめです。

そんな札幌(または近郊の)便利でお得な一日乗車券をまとめてみました。

ドニチカキップ

札幌の地下鉄にたくさん乗りたくて、使いたい日が土日、祝日ならこのドニチカキップがおすすめです。買い方もとても簡単で、大人用もこども用も、券売機でふつうにキップを買う要領で購入することが出来ます。そして、一回買えばその日一日は何度でも使えるのでさっと改札を通れてとても便利です。

土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)にご利用いただける地下鉄専用1日乗車券です。

【発売金額】大人520円、こども260円

【購入場所】地下鉄駅券売機、地下鉄駅事務室、各定期券発売所など

札幌市交通局公式サイトより引用
地下鉄の最低料金、一区の料金は、大人200円、子ども100円なので、一区を3回以上乗る場合、または3区(3区の料金は大人290円)以上の往復をする場合にはドニチカキップの方が普通にきっぷを買うよりお得になります。市内を地下鉄で効率よくちょこちょこ周りたいときにはうってつけのきっぷですね。

地下鉄専用一日乗車券

お得で便利なドニチカキップですが、チカラ及ばない点ががあります。
それは土日、祝日しか使えないということ。
平日も地下鉄に沢山乗りたいので一日乗車券がほしい!という場合は、地下鉄専用一日乗車券があります。

【発売金額】大人830円、こども420円

【購入場所】地下鉄駅券売機、各定期券発売所など

札幌市交通局公式サイトより引用
こちらはドニチカキップより値段が高いので、もし一区だけを使うとしたら5回以上でお得になる計算です。普通にきっぷを買うのとどちらが安くなるか比較して購入するいいと思います。

どサンこパス

札幌には市電があります。市電のループ化により、東京でいう山手線のように循環して運行するようになりました。「内回り(反時計回り)」「外回り(時計回り)」があります。この市電を土日、祝日に使いたい場合、どサンこパスというきっぷがあります。

土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)にご利用いただける市電専用1日乗車券です。

どサンこパス1枚で大人1人とこども1人が1日乗り放題になります。

【発売金額】360円
※発売日当日のみ有効で前売りはしていません。

【購入場所】市電車内、大通駅定期券発売所

札幌市交通局公式サイトより引用

市電はどこまで乗っても一回の料金は同じで、大人200円、こども100円ですから、2回以上乗るとするとお得な計算になります。親子で乗ればもっとお得ですね。親子で市電で往復すると600円かかるところが360円で済みますから、子供連れにはかなり嬉しいパスと言えるでしょう。

ただ市電と地下鉄を乗り継ぐ場合(指定の停留所と駅のみ)は、乗り継ぎ料金というのがあるので、そちらとどちらがお得になるか比較してみると良いと思います。
ちなみに地下鉄1区と市電の乗り継ぎ料金は、大人320円、こども160円です。

追記:市電運賃は、2017年4月1日から、値上げとなりました。
こちらの記事もどうぞ→
札幌の市電の乗り方と新運賃は?便利な一日乗車券どサンこパスも!

一日散歩きっぷ

こちらは、JR北海道の発行する切符。JRに乗って土日、祝日に札幌近郊に行きたいときの一日乗車券です。エリアが指定されているのですが、指定されたフリーエリア内の普通列車・快速列車の自由席に1日、自由に乗り降りできます。

値段は大人 2,260円 こども 1,130円 です。

エリアは小樽、室蘭、新千歳空港、富良野、美瑛、新得、新十津川、様似などが含まれていてかなり広いです。使い方によってはかなりお得になりそうですね。ただし前売りはなく利用当日の朝からの発売。札幌近郊主要駅のツインクルプラザで購入できます。

発売・利用期間は、
2017年4月1日~2017年11月5日までの土曜日と休日。
※利用日当日の営業開始時刻から発売(前売りなし)
有効期間は1日間。

詳しくはJR北海道ホームページ

その他

以前便利に使われていた、「共通ウィズユーカード」や「共通1DAYカード」などの乗車券は、平成27年(2015年)3月31日をもって利用を終了し、現在手数料なしで払い戻しが行われています。詳しくは札幌市のホームページへ。

スポンサーリンク


関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ