こちらは2017年さっぽろ雪まつりの記事です。
2018年 69thさっぽろ雪まつりの記事はこちらをどうぞ→
69thさっぽろ雪まつり2018のみどころは?観光のポイントはこちら

4丁目会場の歩き方

地下鉄大通駅に近い4丁目会場。大通5番出口を出ると、すぐこのような看板があります。

5丁目方向に向かうならこちらの北側の通路。1丁目方面に向かうなら南側の通路で向かいましょう。

4丁目STV広場は、ファイナルファンタジーの大雪像を中心に、小雪像や飲食やお土産などの売店、喫煙所や休憩所も設置かれています。

迫力の大雪像

FINAL FANTASY VII(ファイナルファンタジーセブン)をモチーフにした4丁目の大雪像大雪像。

今回の4丁目会場「決戦!雪のファイナルファンタジー」は、最先端技術の粋を集めたゲームソフトにふさわしく、さっぽろ雪まつり史上初!最新音響システム ハイレゾ音源対応7.1chサラウンドシステムを導入し、究極の臨場感で、あなたを、作品のテーマである大地を敬い、自然を破壊する科学と戦い、新たな生命の誕生を守るという、「再生」と「創造」の素晴らしいストーリーへと誘います。


大きく剣を振りかぶった奥行を感じさせるデザインの雪像は迫力満点。夜には3Dマッピングが行われ、音と映像の迫力あるショーを観ることができるでしょう。

雪像の解説が会場に流れているのですが、確かに音が良い!という印象です。風を切る剣の音が、シュンッ、シュン!とあちらこちらから聞こえてくるような…。二人の戦いをすぐそばで見守っているような錯覚を覚えます。

▼雪像の解説はこちらの動画から。

 

3Dマッピング見てきました

3Dマッピング見てきました!さすがの迫力です。あの大きな剣は、3Dマッピングのためにあったんだな、と納得です。かなり観客は多かったですが、入れ替えの後あまり時間を置かずに次の回が始まる印象で、思ったよりスムーズに流れていました。休日は混むかもしれませんね。

3Dマッピングの時間帯は、日没後、17:00〜22:00。大通5番出入口付近から4丁目会場に入るとスムーズに観れるかもしれません。

▼3Dマッピングの動画はこちら。

 

リボンちゃんの小雪像も

北海道ではおなじみ、リボンシトロン・リボンナポリンなどのキャラクター、リボンちゃん小雪像がお出迎え。

喫煙所もあります

FF大雪像ができるまで

▼こちらは1/14時点の4丁目の様子。雪積み作業の真っ最中です。

▼こちらは1/21時点の4丁目の様子。剣の切っ先が確認できます。

▼こちらは1/28時点の4丁目の様子。

▼こちらは2/4時点の4丁目の様子。

約1ヶ月という期間で完成させる大雪像。毎年のことですが、伝統の技術に驚きを禁じえません。日没後は、その伝統の技と、最新の映像や音響を加味した大迫力のエンターテイメントもお楽しみください!

【特集記事】68thさっぽろ雪まつり2017|もくじ

68thさっぽろ雪まつり2017はここを見るべき!観光のポイント