2019年さっぽろ雪まつり、大通り会場3丁目には「白い恋人 PARK AIR ジャンプ台」が出現。モーグルセッションに行って来ました!

3丁目:白い恋人 PARK AIR ジャンプ台

“PARK AIR “ジャンプ台

札幌、大通公園に突如出現したジャンプ台。雪まつり期間の8日間のためだけに作られるこのジャンプ台では、会期中スノーボード大会やスキーモーグルが行われ、たくさんの観客が訪れます。札幌の中心部、ビルに囲まれたこの環境でスキーやスノボを観戦するということは、ここでしかない貴重な機会ではないでしょうか。

私はこの試みが始まった頃から、毎年ワクワクして足を運ぶ観客の一人なのですが、年々技術が進化し、この特殊な環境でのパフォーマンスで選手のハートも強くなって来ているのではないかと感じます。今年も素晴らしいジャンプを見せてくれるでしょう。

こちらの公式ホームページではスケージュールやライブ配信を見ることができます。

スキーモーグルセッション

モーグルセッション

3丁目で行われたモーグルセッションを見て来ました。私はこのモーグルセッションが大好きで、これを見ないと雪まつりを満喫した気がしません。ビルが間近に迫るロケーション、そして下には鈴なりの観客という通常とは全く異なる状況にもかかわらず、堂々としたパフォーマンスを見せてくれる選手たちに今年も脱帽です!

シングルでは伸び伸びと、ペアや3名では息のあったジャンプに感嘆の声が上がります。そして、マシンガンのように繰り出される迫力の4名、5名、6名、8名でのジャンプ。最後はなんと10名によるマシンガンフォーメーション!

年々進化する技術、そしてじわじわと上がる最高年齢!55歳の選手の元気なジャンプに力を貰えました。軽妙なDJを聴きながらのパフォーマンスに、観客のテンションも上がります。

動画はこちら

石屋製菓のブース

白い恋人

ジャンプ台の近くには白い恋人でおなじみの石屋製菓のブースがあって、暖かい飲み物をゲットできます。じっとしていると体が冷えて来ますので、暖かいドリンクや白い恋人と一緒に観ると良さそうです。

2019年の雪まつりの記事はこちらからどうぞ!

【特集記事】第70回さっぽろ雪まつり2019 もくじ