スポンサーリンク


審査結果はどうなる?2017YOSAKOIソーラン祭りは11日ファイナルへ!

【特集記事】2017年第26回YOSAKOIソーラン祭り|もくじ

あいにくの雨、しかも冷たい雨となった10日(土)。雨が降ったらYOSAKOIソーランはどうなるのでしょうか?もしかして中止?いえ、正解は…「雨でも普通に踊る」でした!

この記事は審査結果を追いながら、随時更新していきたいと思います。

一次審査は雨の中のパレード

土曜日は夕方頃は雨が上がったものの、昼過ぎまでは雨。一次審査が行われる大通パレード会場では、それでも各チーム雨にも負けず熱気あふれる演舞を披露してくれていました。濡れて重くなった衣装や大旗からは時折水しぶきが上がり、衣装替えもさぞかし大変だったと思いますが、それを物ともせずに笑顔で踊る姿にこちらまで元気を貰えました!

ステージもいいですが、やはり沿道で踊り手さんの息遣いまで聞こえるようなすぐ近くで観覧できるパレードは、YOSAKOIソーランの魅力を存分に楽しむことができますね。

沿道の観客は昼過ぎまではいつもよりは少なかったものの、お天気が回復するにつれて人出が多くなりかなりの賑わいに。ふーどパークやあいぱくにもたくさんの人が訪れていました。

パレードの醍醐味を存分に

早い時間帯のブロックは雨の中気温も肌寒いくらいで、本当に大変だったと思います。私が見ることができたのは一部のチームだけですが、僭越ながら感想を。かなりの雨の中の「平岸天神」の演舞が、悪天候を感じさせず実に軽やかで印象的でした。

「恵庭紅鴉」。くすんだ天気の中、そこだけスポットライトを浴びたようなパッと目をひく衣装と圧巻の踊りが素晴らしかったです。

また「北海道大学”縁”」。なけなしの衣装(?)も濡れてどう見ても寒そうでした…。が、とても良かったです!人を笑顔にできるあのパワーはさすがですね。周りがみんな笑顔でした。

そして「夢想漣えさし」の舞い踊る白い扇子のフィナーレは、毎年思うのですが「本当にすごい!」の一言でした。

パレードは疾走感あふれるスピードと躍動感、踊り手さんとの距離の近さが醍醐味ですね。だんだん近づいてきてそして駆け抜けて行く。そんな刹那的な印象がぱっと開いて散る大輪の花火のようで、目が離せませんでした。できれば全部のチームを観たいところですが、体は一つしかないのでそうもいかずとても残念です。

一次審査の流れ

土曜に行われたパレードは、10ブロックに分かれていて審査により各ブロックの1〜3位のチームが決まります。そして1位のチームはファイナル審査へ。
2位のチームはセミファイナルへの進出を掴み取ります。
そして、各ブロック3位のチームの中から携帯観客投票で一番得票数の多い1チームのみ、セミファイナル審査へ進む権利を得ます。

詳しくはこちらの記事へ→
YOSAKOIソーランの審査について。流れや基準・日程は?

携帯投票の中間発表

そして2017年6月10日(土)19時時点での携帯投票の中間発表はこのような結果となっています。ただし携帯投票の締め切りは11日(日)の午前10:00までなので、まだまだ分かりません。

1位:小樽商科大学 “翔楽舞”
2位:劇団果実籠
3位:井原水産&北星学園
4位:北海道文教大学~陽燕~
5位:コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~

たとえ得票が多くてもブロック3位でないとセミファイナルには行けないというこの観客投票ですが、贔屓のチームの後押しをするのはあなたの一票かもしれません。11日はとうとうファイナル。本祭だけでなく、ジュニア大会、U-40大会も気になりますね。

携帯投票の結果

携帯投票の結果が出ました。上位10チームはこのようになります。

1位:市立船橋高校吹奏楽部THEヨサコイ
2位:コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~
3位:井原水産&北星学園
3位:劇団果実籠
5位:小樽商科大学“翔楽舞”
6位:北海道文教大学~陽燕~
7位:北鼓童&名寄市立大学
8位:コカ・コーラ札幌国際大学
9位:THE☆北海道医療大学
10位:粋~IKI~ 北海学園大学

この順位だけではなんとも言えませんが、各ブロック3位のチームのうち、携帯投票の最も順位が高いチームがセミファイナルへの出場権利を勝ち取ります。

追記:携帯投票によりセミファイナル出場を決めたのは、チアのきらびやかな演舞が印象的な「コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~」となりました!

ファイナル出場は!?

各ブロック1位となリ、見事ファイナル出場を決めたチームは次の10チームです。

・井原水産&北星学園(いはらすいさんあんどほくせいがくえん)
・平岸天神(ひらぎしてんじん)
・恵庭紅鴉(えにわべにがらす)
・CHIよREN北天魁(ちよれんほくてんかい)
・夢想漣えさし(ゆめそうらんえさし)
・粋~IKI~ 北海学園大学(いきほっかいがくえんだいがく)
・北昴(きたすばる)
・新琴似天舞龍神(しんことにてんぶりゅうじん)
・コカ・コーラ札幌国際大学(こかこーらさっぽろこくさいだいがく)
・THE☆北海道医療大学(ざほっかいどういりょうだいがく)

この10チームにセミファイナル審査1位となったチーム、合わせて11チームでファイナル審査が行われます。ファイナル審査は次の2つの審査が行われ、栄えあるYOSAKOIソーラン大賞、準YOSAKOIソーラン大賞が決まることとなります。

●ファイナルパレード審査
11日(日)18:00〜19:10 大通パレード会場北コース(5〜7丁目)

●ファイナルステージ審査
11日(日)20:00頃〜 大通公園西8丁目メインステージにて行われるファイナルステージ第2部内

ファイナルステージなどの様子は、STVなどでも放送が予定されていますが、YouTube札幌テレビ放送公式チャンネルでもインターネット生放送が行われます。

セミファイナル出場のチームは!?

セミファイナル出場決定は次の11チームです。

・室蘭百花繚蘭(むろらんひゃっかりょうらん)
・札幌市立大学~真花~(さっぽろしりつだいがくまなか)
・北海道大学”縁”(ほっかいどうだいがくえん)
・藤・北大&ホンダカーズ北海道(ふじほくだいあんどほんだかーずほっかいどう)
・コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~(こんさふりーくほっかいどうむさしじょしたんきだいがく) ←携帯投票により決定!
・旭川北の大地(あさひかわきたのだいち)
・笑゛(じょう)
・北海道文教大学~陽燕~(ほっかいどうぶんきょうだいがくひえん)
・北海道科学大学~相羅~(ほっかいどうかがくだいがくさがら)
・遨~すさび~
・早稲田大学”踊り侍”(わせだだいがくおどりざむらい)

セミファイナル審査は、11日(日)16:40頃〜 大通公園西8丁目メインステージにて行われるファイナルステージ第1部内に行われ、この中から最上位1チームだけがファイナル審査にコマを進めることができます。

追記:セミファイナル1位は旭川市の遨~すさび~となり、見事ファイナルへの切符を勝ち取りました。

一次審査賞

・テスク&祭人(てすくあんどまつりんちゅ)
・法政大学YOSAKOIソーランサークル鳳遙恋(ほうせいだいがくよさこいそーらんさーくるほうようれん)
・郷人(ごうじん)
・GOGO’S&クワザワグループ(ごーごーずあんどくわざわぐるーぷ)
・北海あほんだら会&ほくほくフィナンシャルグループ(ほっかいあほんだらかいあんどほくほくふぃなんしゃるぐるーぷ)
・江別まっことえぇ&北海道情報大学(えべつまっことえぇあんどほっかいどうじょうほうだいがく)
・Excla!matioN(えくすくらめーしょん)
・劇団果実籠(げきだんふるーつばすけっと)
・小樽商科大学“翔楽舞”(おたるしょうかだいがくしょうがくぶ)

各ブロック3位のチームからケータイによる観客投票で一番得票数の多い1チームを除いたこれら9チームは、「一次審査員賞」となります。いずれも実力のある素晴らしい演舞を披露してくれたチーム。こちらのチームの最終演舞は、次の一次審査員賞演舞会で見られます。

一次審査員賞演舞会
11日(日)17:00~18:00
会場:サッポロガーデンパーク会場(アリオ札幌、サッポロビール博物館付近の会場です。)

その他の各賞も決定

その他、各賞の結果は以下の通りです。

北海道知事特別賞

・小樽商科大学“翔楽舞”(おたるしょうかだいがくしょうがくぶ)
・十勝港ソー乱舞(とかちこうそーらんぶ)

敢闘賞

・市立船橋高校吹奏楽部THEヨサコイ(いちりつふなばしこうこうすいそうがくぶざよさこい)
・函館学生連合~息吹~(はこだてがくせいれんごういぶき)
・関学よさこい連 炎流(かんがくよさこいれんえんる)
・粟津おすえべ花吹雪(あわづおすえべはなふぶき)
・ダンスパフォーマンス集団 迫 -HAKU-(だんすぱふぉーまんすしゅうだんはく)
・千歳科学技術大学YOSAKOIソーラン部「光一天」(ちとせかがくぎじゅつだいがくよさこいそーらんぶこういってん)
・REDA舞神楽(れだまいかぐら)
・大阪市立大学 チーム朱蘭(おおさかしりつだいがくちーむしらん)
・京都チーム「櫻嵐洛」(きょうとちーむさらら)
・水戸藩YOSAKOI連(みとはんよさこいれん)

こちらは一次審査4位以下のなかから、各ブロック「もう一度見たいと思ったチーム」。つまりいずれも素晴らしい演舞を見せてくれたチームです。セミファイナルやファイナルに残っても全く遜色ないチームばかりですが、審査というのは本当に非情な物ですよね。踊りに採点をするということの難しさが実感できます。この中では私は、千葉県からのチームREDA舞神楽のパレードを間近で見ることができたのですが、音楽も面白く、フィナーレまでこれでもかとたたみかけるように勢いを増していくような演舞が素晴らしかったです。他のチームもそれぞれの世界観と個性が溢れるチームばかりですので、来年もぜひ素晴らしい演舞を見せてくれることを期待しています。

新人賞

・Project~和道~ by:R-ART-WORKS(ぷろじぇくとわどうばいあーるあーとわーくす)
・鴉(からす)

奨励賞

・関東学院大学”誇咲”(かんとうがくいんだいがくほこさき)
・Time for Taiwan(たいむふぉーたいわん)
・ロシア・サハリンチーム(ろしあさはりんちーむ)
・KIM YOUNG A Dance company(きむよんあだんすかんぱにー)

こちらは審査の有無にかかわらず参加チームの中から選ばれる賞です。海外チームの受賞が光ります。

地方車賞

・北海道大学”縁”(ほっかいどうだいがくえん)
・郷人(ごうじん)
・CHIよREN北天魁(ちよれんほくてんかい)
・粋~IKI~ 北海学園大学(いきほっかいがくえんだいがく)
・新琴似天舞龍神(しんことにてんぶりゅうじん)

U-40大会

U-40の二次審査進出は!?

40名未満のチームで競われるU-40大会のの二次審査進出チームは以下のようになりました。

・肥後真狗舞~九州がっ祭~(ひごまぐまきゅうしゅうがっさい)
・朝霞なるこ遊和会(あさかなるこゆうわかい)
・Crew鍵“ルーキー”(るーきー)
・薄荷童子(はっかどうじ)
・鴉(からす)
・水戸藩YOSAKOI連(みとはんよさこいれん)
・倭奏&SKNOW(わっかあんどすのう)
・tokachi紅(とかちくれない)
・JR九州櫻燕隊(じぇいあーるきゅうしゅうおうえんたい)
・黒潮美遊(くろしおびゆう)

こちらは11日(日)15:50〜 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)で二次審査が行われ優勝チームなどが決まります。

U-40大会結果

U-40大賞は

鴉(からす)

準U-40大賞は

倭奏&SKNOW(わっかあんどすのう)

との結果となりました。おめでとうございます!本祭の大人数のチームとはまたちがう魅力を見せてくれた大会でした。

ジュニアファイナル進出は?

ジュニアファイナル進出チーム

中学生以下のジュニア達によるジュニア大会のファイナル進出チームは次のようになっています。

・AJG KIDS(えじぇっくきっず)
・平岸天神ジュニア(ひらぎしてんじんじゅにあ)
・新琴似子龍隊(しんことにこりゅうたい)
・劇団果実籠 Jr.(げきだんふるーつばすけっとじゅにあ)
・恵庭紅鴉ジュニア(えにわべにがらすじゅにあ)

6月11日(日)15:50頃~大通公園西8丁目会場 にて (ファイナルステージ第1部内)決勝が行われ、ジュニア大賞1チームと、準ジュニア大賞1チームが決定します。

ジュニア大賞結果

ジュニア大賞は

・劇団果実籠 Jr.(げきだんふるーつばすけっとじゅにあ)

準ジュニア大賞は

・平岸天神ジュニア(ひらぎしてんじんじゅにあ)

となりました。おめでとうございます!

優秀賞となった他の3チームも、大人顔負けの素晴らしい演舞を見せてくれました。ジュニアと言っても可愛らしいだけと思ったら大間違い。時として大人以上の動きのキレや表現力、そして身体能力を見せてくれるこの大会。本当にたくさん練習をして準備を重ねてきたことが、見ている私たちにもありありと分かりました。素晴らしい演舞をありがとうございました!

本祭ファイナル最終結果は

賞に関わらす全てのチームが素晴らしい演舞を見せてくれたことに間違いはありませんが、結果が気になるのもまた事実。今年の最終結果はどうなるのでしょうか?

2017年の本祭審査結果は次のように決定しました!

YOSAKOIソーラン大賞

平岸天神(ひらぎしてんじん)

今年結成25周年を迎えたという、地元チーム「平岸天神」が大賞を受賞しました。おめでとうございます!ほとんど衣装替えも小道具もないのに、あの圧巻のステージ。そして衣装も皆異なるのになぜあんなすごい統一感が出るのか、あのすごい波はどうやって作るのか、何度見ても不思議でなりません。パレードもステージも本当に素晴らしいチーム。何回も大賞を受賞するのはきちんと理由があり、実力の裏付けがあってこそです。今年のパレードも見ましたが雨の中でも全く落ちないテンションとパフォーマンスに感動しました。本当におめでとうございます!

準YOSAKOIソーラン大賞

【札幌市長賞】粋~IKI~ 北海学園大学(いきほっかいがくえんだいがく)
【札幌商工会議所会頭賞】夢想漣えさし(ゆめそうらんえさし)

こちらの2チームも、大賞チームに勝るとも劣らない素晴らしい演舞を魅せてくれました。ありがとうございます!

優秀賞

・遨~すさび~
・恵庭紅鴉(えにわべにがらす)
・CHIよREN北天魁(ちよれんほくてんかい)
・北昴(きたすばる)
・新琴似天舞龍神(しんことにてんぶりゅうじん)
・コカ・コーラ札幌国際大学(こかこーらさっぽろこくさいだいがく)
・THE☆北海道医療大学(ざほっかいどういりょうだいがく)

おめでとうございます!どのチームもそれぞれの良さがあり、本当に甲乙つけがたい魅力があるのですが、審査とは難しいものですよね…。惜しくも大賞を逃したチームも、観客に元気とパワーを届けてくれたことは間違いありません。悪天候の中、コンディションを維持するだけでも大変だったと思いますが、素晴らしい演舞を本当にありがとうございました!

審査結果について詳しくは公式サイトへ。
参照:YOSAKOIソーラン祭り公式ホームページ

スポンサーリンク


関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ