スポンサーリンク


2015札幌まつり、神輿渡御は16日です。

北海道神宮例祭(札幌まつり)が、14日からはじまります。(16日まで。)

お祭りが目白押しですね。

以前 こちらの記事 で中島公園公園の出店のことばかり書いてしまったのですが、もちろん北海道神宮の奉納行事も楽しみにしています。

14日の宵宮祭、15日の例祭では、神宮の境内で様々な奉納行事が行われます。

雅楽、よさこいソーラン、人形浄瑠璃、太鼓演奏、野点など、盛りだくさん。
神門下には猿まわしも来るそうですよ。

そらのる

16日に行われる北海道神宮の「神輿渡御」(みこしとぎょ)も見逃せません。

みこしや9基の山車とともに、平安時代のような衣装を身につけた1300人が、札幌の街を和楽器の音に合わせて練り歩きます。

第一鳥居を9:30に出発して、神宮到着は17:00の予定です。

一日かけて市内を巡るので、見たい場合はいつ頃どこを通るのか、事前にチェックしておくといいと思います。

主な通りを通る時間帯としては、

北大通を西19丁目から西7丁目まで、9:45~10:25

みこし渡御予定

駅前通を北4条から三越前まで、10:45~11:05

みこし渡御予定2

頓宮に11:20に到着して休憩。この間山車は南1条西2~3丁目に並べられます。

12:50分に頓宮を出発。その後、駅前通で山車とみこし渡御は一旦分かれます。

山車とみこし渡御が再び合流するのは、14:00、駅前通南1条です。三越のあたりですね。
ここで「駐輦祭」を行います。

そして、15:30~南大通を通って神宮へ向かい、17:00着の予定になってます。 

平日なのですが、小中学校は、全市的に先生方の研修会?が入っているようで早く下校するので、子ども達も見れそうですね。これってわざとなんでしょうか?ニクい配慮ですね。

年に一度のお祭り、是非みんなで楽しみましょう。

スポンサーリンク


関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ