スポンサーリンク


札幌の季節の花

すずらん

札幌の木・札幌の花は何?

札幌では、白樺、ライラック、すずらん、ラベンダーなど、北国や高原に分布する植物を見ることができます。

ライラックは「札幌の木」、すずらんは「札幌の花」に指定されています。ライラックの豆知識はこちらの記事をどうぞ→
ライラックの季節です。「札幌の木」ライラックとは?

▼こちらはライラック。白や紫、ピンクの花があります。

ライラックは香りもとてもいいですよ♪

5月の中旬から下旬ごろが見ごろです。白い花は紫より少し早めに開花します。

大通公園などでは、ライラック祭りも開催されます。
ライラックまつり2017。爽やかな季節の始まりを告げるイベント

▼こちらはすずらん。小さなベルのような白い花が可憐です。

見ごろは札幌では、大体5月下旬から6月中旬頃。清楚な花は札幌のあちこちで見かけます。

チューリップ・すずらんフェスタ

国営滝野すずらん丘陵公園では、チューリップ・すずらんフェスタを開催。

2017年の日程はこのようになっています。

200品種23万球のチューリップや公園の名前にあるすずらんの開花時期に合わせて
イベントを開催します。
カントリーガーデン「花のまきば」に広がるチューリップの広大な景色と
すずらんの可憐な姿や香をお楽しみいただけます。

・開催日:5/20(土)~6/11(日)
・場所:カントリーガーデン

引用元:国営滝野すずらん丘陵公園オフィシャルウェブサイトチューリップすずらんフェスタ

小さく、可憐な花すずらんですが、可愛らしい見た目とはうらはらに根や花などにに毒性があるので、ペットの誤飲には注意が必要です。

一味違った楽しみ方も

ラベンダーは富良野が有名ですが、庭花としても人気があるので札幌でもいろいろな所で見かけます。開花はまだ先ですが、あの独特のリラックス効果のあるさわやかな香りが大好きです。

札幌に旅行にいらした時は、こんな北国ならではの木や花をを楽しむのはもちろんですが、内地でおなじみの花ももちろん楽しめます。

こちらでは5月に入り、本格的に暖かくなってくると、今まで寒さに耐えていた花が一斉に咲き乱れます。いろんな花が急に咲き始めるので、関東以南の花の時期の常識とはかなりずれが生じます。

こちらに引っ越してきた当初、この時期のずれが新鮮で、

えっ?今〇〇が!?

と驚くのが、実は密かな楽しみでした。

例えば、
えっ?今、桜が!?(5月初め頃。しかもソメイヨシノかなり少な目。エゾヤマザクラやサトザクラなど本州とは違う品種が多いです。)

▼こちら5月中旬ごろ大通公園で撮影した画像です。メイヨシノより色が濃いですね。

えっ?今、梅が!? (大体桜と一緒の頃)

えっ?今、あじさいが!? (7・8月頃。すっかり夏の花)

えっ?今、コスモスが!?(秋桜と書くが夏からもう咲いている。結構花の時期が長い。)

つまり、ひまわりと(ひまわりは普通に夏に咲く)、あじさいと、コスモスが咲いているところを一緒に見れたりするわけです。
なんだか得した気分になりませんか?

▼こちら手前の花はさすがにかなり色褪せていますがあじさいです。紅葉と一緒に見られるなんて、びっくりですよね!中島公園で撮影。

▼ちなみに初雪と紅葉が一緒に見られることもあります。

こんな一味ちがった花の楽しみ方、旅行の際はぜひ、
えっ?今〇〇が!?
と驚いてみてください!

スポンサーリンク


関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ